注文住宅は記録写真が大事


<モデルハウスはあくまで参考>
リビング注文住宅を買うとき、多くの人は住宅展示場などに見学に出かけます。しかし、マンションのモデルルーム同様、モデルハウスを過信すると痛い目にあいます。モデルハウスはその家を最高の状態で見せようとするもの。当然のことながら、設備も内装もランクを上げたり、オプションを付けたりしています。どこが標準で、どれがオプションなのか、そこの担当者によく確認することが大切です。もっとも、何よりもまず敷地の広さが違うのですから、同じモノが建つわけはないのですが……。
さて、そんな注文住宅をできるだけ自分の思いに近づけ、後悔しない買い物にするためにはどうしたらいいのでしょうか。そのポイントをあげてみましょう。まず、契約時。必要な書類はすべて揃っていますか?実物を見ないで大金を投じるわけですから、この時点では書類を買うといっても過言ではないはず。少なくとも「工事請負契約書」「契約約款」「設計図書」「見積書」「工程表」の五点は揃えてもらいましよう。設計図書には、五十分の一以上の平面図をはじめ、内外装材の一覧や工事仕様書など十数腫類の書類が含まれます。見積書では、材料の種類や価格の明細がわかります。これらをよく読んで、納得するまでチェック。とにかく、業者にすべてお任せという態度は禁物です。内容を十分把握したうえで、契約占にハンコを押しましよう。

<「契約約款」は自分に不利な内容になっていないか>
工事請負契約書には、工期と引き渡しの時期、代金、支払方法などが記されています。「着工から四ヵ月後に引き渡し」などあいまいな表現ではなく、着工・完成・引き渡しの具体的な日時を必ず記職してもらいます。契約に関する細かいことは、契約約款に出ています。工期が遅れるというような起こりがちなトラブルから、欠陥やミス(=瑕疵担保)といった重大問題まで、発生した場合の対処について具体的に書いてありますから、面倒でもすみずみまで目を通すこと。
これを怠って、実際トラブルが起こってから文句を言っても通用しません。保証期間や修理費に関して、どうも自分に不利な内容になっているなど疑問を感じたらその場で質問し、契約前にクリアにしておくべきです。

<口約束はやめて記録する、写真を撮る>
いよいよ着工。地鎮祭を終え、最初に行うのが「縄張り」です。敷地の上に縄で大まかな図面を書いてみる作業で、ここから家が建ちはじめます。

〔ケース①〕

建築マイホームを建て替え中のHさんの奥さんは、今日、現場へ行ってみてとんでもないことに気づきました。幅広に設計してもらったキッチンの出窓が、幅の狭い出窓に変更されています。現場監督に説明を求めたところ、「図面上はあの出窓で問題なかったんですが、敷地に当てはめたら隣地ギリギリだし、足場も組めない。設計さんと相談して狭く変えさせていただきました。すみません」。ああ、幅のある出窓でハーブを育てるのが夢だったのに……こんなことならもっと早く顔を出すべきだったと、Hさんの奥さんは泣きたい気分でした。Hさんの場合は、とんでもない業者というべきでしょう。小さな変更や微調整が現場の判断で行われることもありますが、まともな業者なら大きな変更はないのが普通です。
また、工事期間中も何度か現場を訪れるものですが、これには二つの意味があります。一つは、現場監督や職人さんとのコミュニケーションを図ることです。相手も人間ですから、気持ちよく仕事をしてもらうことがいい結果につながるはず。ミスや気になることも、顔なじみになっておけば、その場で解決できることが多いのです。

もう一つは、証拠づくりのためです。最初から疑ってかかれというわけではありませんが、欠陥住宅の裁判でもっとも苦労するのが「証拠がない」パターン。「出窓はサービスという話だったはず」「この壁紙は間違っているから直すよう頼んだはず」-この手の口約束では何も証明できません。現場打ち合わせは適当なときではなく、定期的に行い、必ず記録を残しておくことが大切です。書面だけでなく、写真があれば万全。約束事には現場監督のサインをもらっておきましょう。ただし、簡単なことだからと、ついでにこれもあれもと何でも頼むと、思わぬ追加金をとられますので注意しなければなりません。


中目黒にはいろいろなオススメスポットが多く,落ち着けるカフェで午前中からまったりカフェタイムを楽しんでいます。中目黒駅周辺にはコンビニや本をじっくり読める図書館,飲食店,銀行と暮らしやすさが身近に感じられ以前住んでいた場所より全然住みやすいです。中目黒駅を利用して横浜方面へのアクセスも良好なので週末は良く横浜まで出かけています。あと朝通勤途中でも中目黒の街並みには美しいといつも感じています。私も数年前から中目黒の賃貸マンションを契約しているんですが,リッチな気分で寛いで暮らせており中目黒での生活は非常にオススメですよ。もし貴方が中目黒で引越しを考えているなら迷わずに一度中目黒の賃貸物件で暮らしてはいかかでしょうか?

渋谷で土地を購入し家を持つことにしました。私が暮らしている渋谷区富ヶ谷は代々木上原駅が所在していて代々木上原駅付近には小学校,中学校,高校,大学と教育施設も充実していて,さらには町田への出勤もしやすいです。
駅周辺には代々木公園やスーパー,コンビニが近く週末は代々木公園をのんびり散策することができいろんなジャンルの飲食店を巡ることができ、とっても飽きず楽しく暮らして10年が経過しています。
渋谷という土地には閑静な住宅街で駅近くの土地もあるのでもしマイホームを持ちたい方にはオススメなんですよ。また渋谷は渋谷ヒカリエもあるので,ショッピングを楽しんむことができラジオの生放送が楽しめる渋谷スペイン坂スタジオもあって私は大ファンの方を生で見れて感激しました。
ぜひ渋谷区で土地をみつけて、満足いく生活をはじめましょう!

兵庫県内で引っ越し先を探し中だという方はいらっしゃいますか?もしいましたら,西宮市をオススメします。西宮市は人口約48万人の方が暮らしており,中核都市と指定されております。市の北部は山地で広がりをみせていて自然豊かなエリアでもあるのです。
そんな西宮市で土地をみつけませんか?西宮市内には,土地物件が豊富に揃っています。そのため,引っ越し先としてもおすすめなんですよ。
西宮市で土地を購入して,一戸建てなどを建ててみるのもできますし,マンションなどで建築して貸し出して収入も得れますよ!