見積書で材料・設備のグレードを確認する


<出来上がりをしっかりイメージしよう>
室内マンションや建売住宅は現物あるいはモデルルームなどを見て決められるのでいいのですが、注文住宅の場合はそうはいきません。図面を見ながら、出来上がった家を想像するしかありません。だから、工事途中で「こんな安っぽいドアじゃ困る」とか「もう少し大きな収納棚が欲しかった」などという不満も生まれやすいといえます。
そこで工事の途中で不満を述べても、もう変更できないかもしれないし、変更できても費用はどんどん膨らんでしまいます。まして完成後に気に入らない点があっても、その内容で契約内容に沿っている限り、どうしようもありません。そんな後悔をしないためには、契約までに家のイメージをしっかりつかんでおくことです。
それを知る手がかりは、設計プランと見積書です。当然のことながら、見積書には明細が含まれていることが前提。ていねいな見積書を要求しましょう。設備機器や仕上げ材をくわしく書いた「仕様表」「仕上げ表」などももらえば万全です。仕様表にはキッチンーバスルームートイレなどにどんな設備を付けるかが書いてありますし、仕上げ表からは玄関・廊下・リビング……と部屋ごとに、床・壁・天井をどんな仕上げにするかがわかります。
その際、メーカーや商品名の指定やそのカタログなどが添付されていれば、より具体的にイメージできるでしょう。なければ請求して納得いくまで調べましょう。ちょっと面倒なようですが、ここまで詰めておけば後で「イメージ通りでない」ということも少ないし、完成後のチェックもラク。見積り通りの設備や仕上げかどうか、手元にある書類と照らし合わせればいいのです。

<種類や質、単価は「木材調書」でチェック>
木造住宅では、使用する木材のグレードや寸法、価格を示した「木材調書」という書類があります。施主に見せない場合もありますが、頼めば見せてもらえます。これをもとに見積りを出しているわけですから、そんなものはありません、などという業者は信用できません。もしそれが本当ならとんでもないドンブリ勘定の可能性もあります。必ず確認しましよう。

〔ケース①〕
木材「この価格で夢がかないます……『檜の家』」というキャッチフレーズにひかれて、Fさん(三十八歳)はついに家を建てる決心をし、さっそく契約。ところが、業者のいう「檜材」というのは、実は檜の化粧板を張った米つが材(マツ科の常緑高木)でした。それでも檜は檜、広告にウソはないと業者は言い張るのですが、総檜のイメージを描いていた伏見さんはがっかり。せめて目に付く部分だけでもと、本物の檜材に変更してもらったのです。「もちろん予算はかなりオーバー。でも契約解除してキャンセル料を払うよりは……」とあきらめきった伏見さんです。
このようなケースで、初めから消費者をだまそうという悪質業者もいないわけではありません。ただ、伏見さんの場合は木材調書が出されていたので、きちんと見ていれば契約前に気づいたはずなのです。このような書類は証拠として残るものですから、あるものはすべて目を通し、わからないことは遠慮なく聞きましよう。それから契約しても少しも遅くないのですから。くれぐれも業者の提示する書類などを軽視してはいけません。木材のグレードを決める要素の一つに、木の節や割れ目があります。節のない木材ほど高建築条件からチェック級品とされますが、だからといってすべての節に問題があるというわけではありません。建売住宅でチェックする場合など、知っておいて欲しいのは、特に次の二つです。
まず、節には「生き節」と「死に節」があって、柱としての耐久性、安全性に問題を及ぼしかねないのは死に節です。死に節は、節とその周りの部分にすき間かあります。建売住宅の柱などのチェックの参考にしましょう。もう一つは、集成材(乾燥した薄い板を同一繊維方向に接着剤で張り合わせたもの)でない限り、柱には「背割り」といってあらかじめ割れ目を入れてあります。これは当たり前の作業であり、決して欠陥品ではありません。


あなたのお住まいは大丈夫ですか?長い年月をかけて過ごしているとあなたの大事なマイホームの外観がくすんだり色褪せたり悪くなることがありまよ。しかし,心配ご無用。こちらのサイトではそんなあなたのマイホームが新築同然の外装になること間違いございません。またこちらのサイトでやっているこの外壁塗装は,ガイナでの紹介しており,このガイナというのは,あなたのお家が更に長持ちさせてくれる大変優れものな外壁塗料なのです。こちらガイナは,断熱材で作られておりますので,冬は寒さを感じることが無く過ごすことができるのです。ぜひあなたもこのガイナで外壁塗装を施工してはどうですか?またこちらウェブサイトでは,実際に行ったお客様の声、費用についてを確認する事ができるようなのでぜひこちらのサイトを参考にこの外壁塗装をご検討下さい。外壁塗装の費用などもこちらでお問合せ出来るようですよ。

これから,マンションを購入して,マンション経営をはじめようかななんて今検討中です。しかし,マンション経営を始めようとしている今悩みがあります。それが,家賃設定。高く設定してしまうと,マンションの空室が目立ってしまうことになってしまいますし,また安くしてしまうと今度は自分が収入面で損ということになります。
丁度良い家賃設定をどうしようかなって思っているときに,友達に相談したら,不動産会社に頼んでみるのもいいかもよと言われました。不動産会社さんなら,適切な家賃設定をしてくれるそうで,マンションを人に貸す準備が整いやすくなるそうです!
とりあえず複数の不動産会社さんへと尋ねて色々話を聞こうと思っていて,その中でもきちんと自分のマンションについて評価してくれる不動産会社さんの賃料で,マンションを貸すことはじめようかなって思っています。

引越し先で悩んでいる方に、園田エリアの不動産をお勧めします。私は以前,尼崎市にある園田駅の近くで,賃貸物件を借りて生活していました。今は仕事の都合で他の地域に引っ越してしまったのですが,園田駅の周辺はとても住みやすいエリアでした。駅の周辺にはスーパーやドラッグストア,飲食店といった商業施設が充実していて,普段の生活で不自由を感じることも無く,それなりに充実した生活を送っていました。24時間営業の飲食店もあったので,帰りが遅い日でも食事に困るということもありません。物件に関しては,シングル向けからファミリー向けまで,多種多様な物件情報が満載です。不動産を探しているなら,園田駅の不動産を調べてみませんか?